新虹日報

ナナプラザのレインボーグループの話題が中心。ゴーゴーバーの嬢報などを不定期でお届けします!

 
Category: レインボーグループ  

パタヤバカラの元95番、虹4で営業開始

IMG_6693.jpg

「パタヤバカラ」の元エース95番は5月7日、バンコクの「レインボー4」に移籍し、営業を開始した。番号は155番。

結論から先に言うと、レインボー4では完全に埋もれてしまっている。1軍には入るが、エースと呼べるようなオーラはまったくない。パタヤバカラマジックで、実際よりも良く見えていたことは否定できず、ゴーゴーバージャーナリストとしても大いに反省すべき点である。本人曰く、156番はパタヤバカラから一緒に移籍してきた嬢とのこと。なかなかナーラック(かわいい)である。

昨夜の新羽はキレッキレであった。「バンコクバカラ」ではジンちゃん046番とリボンちゃん217番を立て続けに召喚。贔屓目なしに、ジンちゃんとリボンちゃんの方が元95番よりもナーラック。ジンちゃんはコヨーテクラブ「モンテカルロ」などでも十分に通用するレベルだ。

同行したfunicco氏は、バンコクバカラでアヒル282番を召喚。アヒルのことは、レインボー4時代から長年にわたって見続けているが、ちゃんと話したのは初めてだった。伝家の宝刀「サンドイッチ狼藉」を敢行。「おまえはアンタライ(危険)なやつだ」と何度も言われた。

パタヤバカラのクリーンアップとして95番、56番、15番を選出したが、バンコクの1軍上位嬢と比べると、はたしてどの程度の水準に位置しているのか。もう一度冷静に評価する必要があるだろう。
スポンサーサイト
Category: レインボーグループ  

SM女王様025番が君臨@虹1

昨夜はfunicco氏とサタデーナイトクルージングを決行した。

スクンビット・ソイ31のそばの名店「仁八」で待ち合わせた。断言しよう。仁八のバーソーはタイでは一番うまい。

IMG_2548a.jpg

ソイ・カウボーイに移動。クレイジーハウス(CH)に入店した。この店は問題も多いが、ホイをガン見しながらパイイツできるのは、捨てがたい魅力だ。ただ、昨夜はハロウィンパーテーで、嬢のハロウィンメークがウザいことこの上なし。日本人にとってハロウィンは、百害あって一利なしである。

話題のナナプラザに転戦。未成年を雇用し、警察に摘発されたとかで、レインボー2と4が確かに閉まっている。佇まいも真っ暗で、本当に再開するのだろうか……と不安になるようなオーラを放出していた。

レインボー3に着陣。死魚目99番はもはやどうでもいいとして、虹4のプリケツ73番がいるではないか! プリケツに、なんでおまえが虹3で働いているんだ? と話しかけたところ、「キャハハ、虹4が閉まってるの、知らないのか!」と嬢報弱者(嬢弱)扱いされてしまった。虹に関して、オレが嬢弱扱いされる日が来るとは……。

レインボー1に転進。こちらではなんと、虹4のSM女王様025番がステージ最前線で踊っているではないか! 虹1でも類稀な存在感を撒き散らし、ペイバーも順調に積み重ねているようで、ご機嫌であった。ほかにも虹4の2軍が一定数働いていたが、特筆すべき嬢はいない。虹1プロパーで気を吐いていたのは、エリートサザエ152番とオリビュー6番くらいか。

その他、ナナプラザのマンダリン3階やソイカのバカラに虹嬢が数人移籍していることを確認。円光地下喫茶室「テーメー」は激混みだったが、虹嬢は確認できなかった。

結論としては、虹1最前線で踊るSM女王様を鑑賞できたのは、最大の収穫と言えるだろう。
Category: レインボーグループ  

虹2、長瀬智也43番

昨夜はfunicco氏とフライデーナイトクルージングを決行した。

ソイ・カウボーイの「バカラ」で待ち合わせた。タレントぞろいだったが、今夜のメーンはこちらではないので、詳細は割愛したい。ジンちゃん(シンちゃん妹)048番が激スワイ(きれい)であることは、触れておこう。

オレたちのナナプラザに転戦。「レインボー3」に突入した。今は虹3がアツい。ノイナ77番を筆頭に、トリ12番、ラクダ81番、赤スリム51番、逸材22番、白ブーツ21番などなかなかレベルが高い。

ゴーゴーに日参しているスパンヤオらには、「何を今さら……」と言われそうだが、ゴーゴーバージャーナリストとして改めて断言しよう。

今のトレンドは虹3であり、虹3はもはや虹1を抜き去った――。

「レインボー2」に移動。funicco氏が着目したのは、某スパンヤオもペイバー済みの長瀬智也43番。氏は「ほれぼれするようなイケメンである」と絶賛していた。長瀬43番はダイナミックで、顔も精悍、トムボーイになれば頂点を極めるだろう。

各店で「ネット糞野郎」の烙印を押されているわれわれが席を並べると、関与してくる嬢はまずいない。昨夜も全店で石像と化し、虹2では、愛しのリボンちゃん48番にまでスルーされて苦渋を味わったが、木村佳乃74番が唐突に新羽にアピッてきたのは、唯一の見せ場だった。

勢いづく虹3とは対照的に、「レインボー1」は衰退の一途をたどっている。昨夜は高飛車(番号不明)も不在。スーブー17番はパイオツにシリコンを注入。スーブーのくせに生意気だが、ボデーがキレキレなのは認めざるを得ない。55番はおかめ納豆にクリソツ。

funicco氏と別れ、スクンビット・ソイ11のカオマンガイ屋台でシメて帰宅。昔懐かしい王道のフライデーナイトクルージングだった。

IMG_9950.jpg
Category: レインボーグループ  

後悔先に立たず

昨夜は久しぶりにひとりサタデーナイトクルージングを決行した。

ソイ・カウボーイのカラバでは、ダイナミック265番に注目。一際背が高く、黒く、ダイナミックなので目立つが、なかなかペイバーされずに余っていることが多い。狙い目だと思うのだが……。ズリパイの救世主238番(ボー)も健在。

オレたちのナナプラザに転進。レインボー2では、真木よう子18番が秀でている。足はけっして長くはない。が、ボデーが引き締まっており、顔面のナーラック(かわいい)度もアップ。もはや虹2を代表するクリーンアップと呼んでも過言ではないだろう。ベビースター26番も健在。

レインボー1では、ファラン以外に高飛車(番号不明)が躍動していた。先に話題となった編み込みヘアを止め、元の髪型に戻していた。あのまま黒人向け路線を突っ走ってもらいたかったのだが……。昔ほどではないが、ボデーは絞れてきている。着目すべきは、高飛車のプリケツにビキニの日焼け跡がくっきりと出ている点。セクシーなのは認めるが、高飛車はこれ以上黒くなって一体全体何をしようというのか。凡人には理解不能である。イナカッペ9頭身デルモ(番号不明)も健在。

写真のドルプーラーメンでシメて帰宅。

IMG_9614.jpg

実は昨夜は、某ラチャダー高級温泉の170センチデルモ嬢と、彼女の仕事が終わる0時以降にデスコに一緒に行く約束をしていた。が、過去のさまざまな苦い経験から、どうせ口だけで連絡は来ないだろうと決め込み、爆睡。朝起きてスマートフォンを確認すると、0時ぴったりに「仕事が終わった、今どこにいるの?」との英語のメッセージを受信していた……。

後悔先に立たず。
Category: レインボーグループ  

丸顔キラー、虹4 fake love氏見参!(2)

(前回からの続き)オレたちのナナプラザに到着し、レインボー2の目立たない席に着座した。

丸顔キラー氏は店内を徘徊し、虹2の丸顔一軍クラス数人にプッチを進呈。最終的には、死魚目(しうおめ)43番に俄然注目していた。これまで死魚目の輪郭に着目したことはなかったが、ムムム、確かに丸顔である。そうこうしているうちに、死魚目は同胞にペイバーされて虹2を退出。

レインボー1に移動。氏はここでも丸顔大根足4番を召喚。鋭い眼光で4番の脇を凝視する丸顔キラー氏、さすがである。しばらくすると、本命の丸顔オキニが登場。スクンビット・ソイ20のディスコ「スクラッチドッグ」初突入に向けて、本命丸顔オキニのペイバーに至った。

虹4 fake love氏には、日本土産として新書を進呈いただいたほか、ほとんどのゴーゴードリンクもおごっていただいた。ブッカオ一門の統領である氏だが、仲間に対しては気前の良い御仁であることも付け加えておきたい。

本命丸顔オキニを虹1に待たせ、レインボー4へとスキップする氏を見送って帰宅。
09-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

«   »

ASAHI24/7
両替ベストレート
タイ各地の天気
検索フォーム
プロフィール

新羽七助

Author:新羽七助
バンコク在住。ナナ商科大学卒業。ゴーゴーバージャーナリストとして暗躍している。ナナプラザのレインボーグループを中心に、ゴーゴー突入回数は2,000回以上。今はパタヤにハマりつつある。
特技:ゴーゴーバーおよび嬢の分析
趣味:シーメー、飲酒、読書
好きな食べ物:シースー、メンラー、タイスキ(MK)
好きな飲み物:ルービー
好きな言葉:不撓不屈
女性の好み:混血ギャル!

FC2カウンター
Twitter
 
タイ語を勉強しよう①
タイ語を勉強しよう②
タイ料理博士を目指せ!