新虹日報

ナナプラザのレインボーグループの話題が中心。ゴーゴーバーの嬢報などを不定期でお届けします!

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: コヨーテクラブ  

【新虹日報復活!】バースデーナイトクルージング

昨夜はスパンヤオであるfunicco氏、後輩営業戦士氏と「バースデーナイトクルージング」を決行した。

スクンビット・ソイ19のアルゼンチンステーキ店「エルガウチョ」でシーメー。エルガウチョの特徴を端的に表現すると、「超高くて、超うまい」。これに尽きる。バンコク最強のステーキハウスはここ。かのホリエモンも絶賛している。

IMG_3882.jpg

ナナホテル1階にできた「フーターズ」でパイイツ。店内の雰囲気は良好だが、DJがスーブー……。選曲もファランオヤジが好みそうな曲ばかりで、実に退屈である。DJファーサイでも連れてこいや!

◆ベビースター、香里奈目指す

その後、ナナプラザのレインボー1~4の4店舗を巡回。虹2では、リオ36番や中川翔子26番らキャピが若虎イープンの接客で、忙しそうだった。26番はベビースターから中川にレベルアップしたが、それでは飽き足らず、現在は香里奈を目指している。野心家である。

ゴーゴー嬢よ、大志を抱きたまえ!

虹4では、元おしゃべりアイテムのギフトちゃんに日本土産の「きのこの山」や「たけのこの里」を進呈したところ、「きのことたけのこ、ナーラック!」とデレ対応を展開。レディースドリンクなしの状況下、バースデーキッスのプレゼントも拝受するなど、新羽のテンションは右肩上がりとなった。

ご機嫌でやって来たのは、スクンビット・ソイ26のコヨーテクラブ「クッシュ」。コヨーテを鑑賞しながら気持ちよく飲もうと思っていたのも束の間、事件はここで発生した。

担当ママさんには先に、「30日23時~」と予約し、誕生日だからよろしくと念を押したにもかかわらず、予約が入っていない。誕生日を忘れるくらいなら問題ないが、予約を忘れるのはビジネスとして言語道断。新羽はブチ切れた! ピラチン顔負けの形相となり、タイ語でまくし立てたところ、店員らも慌て始め、「すぐに席を作ります。ソファー席は埋まっていますが、空き次第、移動できます」とのことで、その場はとりあえず収まった。

誕生日だけでなく、予約自体も忘れるママさんの使えなさぶりには呆れるばかりで、かなり厳しく叱りつけたが(怒った理由や、非常に失望したこと、もはや何も期待していないことなどを伝えるのに重点を置き、暴言を吐かないのがポイント)、汚名挽回とばかりに、われわれが会計をし終わった直後に、バースデーケーキを持って再登場。そのタイミングの悪さには唖然としたが、出されたケーキはとりあえず完食した。このへんのわがキーニャオ(けち)精神は揺るがない。

◆後輩戦士、SM女王様をペイ!

やれやれ……。クールダウンのため、レインボー4に帰還。ここで、後輩営業戦士は虹4に君臨するSM女王様025番をついにペイバーした。SMはニコニコ笑顔で、われわれの悪戯にもそれなりに対応。一時の不機嫌モードから脱出したようである。後輩戦士がしまむらくんと同様、「アイアンクローの刑」をくらったかは定かではないが、有言実行。顕著な実績を作ったことは間違いない。

funicco氏と「ドルプーラーメン」で、軽く反省会もして帰宅。

来年の誕生日まで、また一歩一歩前進していこう。

IMG_3897.jpg
スポンサーサイト
Category: コヨーテクラブ  

悪新羽炸裂@モンテカルロ

昨夜はfunicco氏、弾丸来タイ中の後輩戦士氏とモンカルナイトクルージングを決行した。

モンテカルロ敷地内のフーターズ系レストラン「バーセイ」でシーメー。ナーラック(かわいい)なウェイトレスが客の話し相手になってくれるパブレストランである。

オレらの席に着いたのは、昼間はタイ商工会議所大学に通うパッツン女子大生のベンツちゃん(20)。当初はシラフだったため、ベンツちゃんとお話できずモジモジしていた新羽だったが、酒が浸透するにつれて饒舌になり、終盤では、

「ベンツくん、キミのノム(おっぱい)はタマチャート(自然)かね?」

とセクハラするまでになっていた。我ながら恐るべし……。後輩戦士はベンツちゃんに1ドリンク進呈。

IMG_0227.jpg

IMG_0230.jpg

バンコク最強コヨーテクラブ「モンテカルロ」に移動。モンカルでは、funicco氏の協力を受け、サマーチック(メンバーシップ)を更新。これでまた約半年はモンカルに通うことができるわけだ。

昨夜は、新羽オキニはお休みだったが、funicco氏と後輩戦士がそれぞれ嬢を召喚した。Sockk氏から先に頂いた黒髭危機一髪ならぬLINEの「ブラウン危機一髪」を持参し、ウイスキー一気飲み対決をスタート。

オレはこの類のゲームが尋常ではなく強い。嬢がいかさまをしてるんじゃないかと怪しむほど勝ち続けた。一方、funicco氏も負けていたが、特に後輩戦士の負けが頻発。悪新羽がなみなみと注いだ毒液連打の餌食となった。後輩戦士、撃沈……。

昨夜は嬢は少なめだったものの、モンカルは相変わらず冴えている。気分転換の場としては、ここに勝るところは今のところバンコクで見当たらない。つまみの枝豆も相変わらずまいう~。

IMG_0237.jpg

IMG_0243.jpg

オレたちのナナプラザに転戦し、ジャパニーズガーデン「レインボー2」に突入するも、後輩戦士はグロッキー状態で、もはや寝ている……。さすがに辛そうだったので、早めにチェックビンして店を出た。

虹2のエースとして君臨するリオ36番も、モンカル後はタマダー(普通)に見えるから不思議である。

後輩戦士とドルプーラーメンでシメて帰宅。悪新羽炸裂のモンカルナイトクルージングであった。

IMG_0248.jpg
Category: コヨーテクラブ  

吾郎ナイトクルージング!

先日は愛弟子である吾郎氏と「吾郎ナイトクルージング」を決行した。

エカマイの「黒田」で夕食。食べ放題400バーツ。タイ人客がメーンで、日本人客はオレらくらいしかいなかったが、地味に大食い勝負を開催。新羽に軍配が上がった。腹いっぱいでもはや眠いが、ここで帰宅するわけにはいかない。

IMG_9172.jpg

IMG_9171.jpg

エカマイの高級クラブ「チェコ」に徒歩で向かった。店内でトーマ氏と合流。吾郎氏とトーマ氏はオキニをそれぞれ召喚し、5人でまったりと楽しんだ。新羽は珍しく召喚せず。先の「ハンドオンザポンチ嬢」は散財リスクあり、今回は自重した。

IMG_9189.jpg

吾郎氏はチェコで、最大のミッションを残念ながら達成できず。氏とオレはトーマ氏と別れ、「オレたちのナナプラザ」に転戦した。

ナナプラザのレインボー某店では、吾郎氏が新嫁をペイバー。オレは酔いと疲労で今にもぶっ倒れそうだったが、吾郎氏を置いて先に帰るわけにはいかない。氏、新嫁、オレでタクシーに一緒に乗り、スクンビット・ソイ20の円光デスコ「スクラッチドッグ」に到着した。

日本では一流リーマンとして名を馳せる吾郎氏。ジョニ赤やジョニ黒などはなから眼中にない。当たり前のようにジョニ金を投入。ガーサスである。

犬では、新嫁の同僚の虹嬢たちが続々と乱入してきた。「ミキサー代が高くなりそうだな……」などと逡巡するキーニャオ(けち)新羽を横目に、吾郎氏は満面の笑顔でダンシング! 新嫁は気遣い上手で、氏も超気に入っている様子が窺える。

そうこうしていると、オレがイチャついていた新顔虹嬢に韓トラ2人組がナンパをしかけてきた。イチャイチャはしていたものの、オレは彼女の彼氏でもないし、ペイバーしたわけでもない。さらに言うと、この後持ち帰るつもりもない。当初は放置していたのだが、だんだんと遠慮がなくなり、度が過ぎてきたので、ついに狂犬新羽が発動した。

韓トラの肩をポンポンと叩き、「目障りだ、オレの視界から消えたまえ!」と静かに恫喝すると、あっという間に撤退。それを周りで見ていた、ナンパ目的のイープン虎も静かに退散していった。一件落着。

その後もガンガン飲み続け、帰宅したのはなんと午前5時前。吾郎ナイトクルージングを満喫したが、起床後は重度の二日酔いにかかり、強烈なチェコ&犬病に苦しんだことは言うまでもない。

具体的に報じられないのが遺憾だが、これくらいが限界である。詳細が気になるスパンヤオは、吾郎氏にDMでも送ってみると良いだろう。
Category: コヨーテクラブ  

ハンドオンザポンチ@チェコ共和国

先日はfunicco氏とチェコリパブリックナイトクルージングを強行した。

スクンビット・ソイ41の「SOBAQ」でシーメー。むむう、ここのバーソーはまいう~! 味だけでジャッジすると、オレの行きつけである同31の「仁八」よりうまい。

IMG_9054.jpg

うまいメシを食うと、気分も晴れやかになるものだ。エカマイの高級コヨーテクラブ「チェコ」に突撃。ここは吾郎氏が会員なのだが、新羽もちゃっかりサブ会員として登記させてもらったのである。

今宵は新吾郎ママから先に送られてきた嬢写真の中から、1人の嬢を予約。毎回の例えで恐縮だが、ペップリーの高級温泉「ラベル」にいたとするならば、5,000バーツアップクラスの上玉である。

この嬢のボリカン(サービス)がハンパではなかった。こちらが頼んだわけではないのだが、アミウイスキーに始まり、アミピーナッツやアミシーシャ(シーシャは700バーツ)など至れり尽くせり。ダイレクトパイオツミーモーもOKで、オレの乳首までメーナーしそうな勢いだった。

特筆すべきは、彼女の手が常に新羽のポンチの上にさりげなく置かれていること。膝なら分かるが、ポ、ポンチである。必殺「ハンドオンザポンチ」と命名したい。

IMG_9068.jpg

一方、funicco氏は池波志乃似のスーブーホステスを召喚。ただ、池波もニサイ(性格)ディーかつボリカンディーで、氏もここぞとばかりにデープキスなど楽しんでいた。ふふふ。

IMG_9064.jpg

各種ゲームなどを織り交ぜてしこたま飲み、お会計は鬼の9,000バーツ。割り勘でひとり4,500バーツ……普通にラベリングが楽しめる値段であるが、これもまた高級コヨーテの現実である。
Category: コヨーテクラブ  

モンカル祭り開催!

昨夜はfunicco氏、吾郎氏、Sockk氏、Thanwa氏、トーマ氏とモンカル祭りを開催した。

スクンビット・ソイ23のイングリッシュパブ「クイーンビクトリア」で待ち合わせた。ここのフィッシュ&チップスはグンバツ。シェアしたが、吾郎氏が本気を出せば、写真の2品とも完食できるだろう。

IMG_8830.jpg

IMG_8829.jpg

Sockk氏からは「ブラウン危機一発」を差し入れてもらった。Sockkさん、ガーサス!

IMG_8826.jpg

アソークのローソンに立ち寄り、ウコン「酒豪伝説」をみなで購入した。これは飲む前に投入すると、グンバツの効果を発揮する。90バーツの価値あり。お試しあれ!

カセナワミンの最強コヨーテクラブ「モンテカルロ」に転戦。駐車場でトーマ氏と合流した。ムムム、ピラチン風情の新羽とは異なり、爽やかな御仁である。

モンカルでは、お馴染みの新羽オキニに加え、吾郎氏、Sockk氏、トーマ氏が嬢を召喚し、ブラウン危機一発やサイコロのぞろ目ゲームで盛り上がった。

中でも、吾郎氏が召喚した嬢はアグレッシブ。ジョニ黒を率先してガブガブ飲んでいる……。吾郎氏はどさくさに紛れて、そのアグレッシブ嬢にキーポツキッスをぶちかましていた。オレは見逃さないですぞ、吾郎さん!

Thanwa氏は得意のダンスを披露。「Thanwaダンス」を初めてみたが、なるほど確かにキレている。我が宅八ダンスとは大違い。

恒例となりつつある「悪新羽」も披露。被害にあったのは、funicco氏と吾郎氏。ショットグラスになみなみと注いだジョニ黒をイッキしていた。あれは我ながらアンタラーイである。

帰り際には、吾郎氏がレセプションの「レベルアップカトパン」に日本の大福を献上。唐突すぎて「なぜ私に……?」といった感じであったが、それもまた良し。レベルアップカトパンは本家カトパン顔負けの激スワイである。

モンカルの会員になって早3か月。コヨーテマスターへの階段を着実に上っているものの、我がジョニ黒はもはや底をつきつつある。4本なんてあっという間であった……また会員になるしかないな、こりゃ。

IMG_8832.jpg
05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

ASAHI24/7
両替ベストレート
タイ各地の天気
検索フォーム
プロフィール

新羽七助

Author:新羽七助
バンコク在住。ナナ商科大学卒業。ゴーゴーバージャーナリストとして暗躍している。ナナプラザのレインボーグループを中心に、ゴーゴー突入回数は2,000回以上。今はパタヤにハマりつつある。
特技:ゴーゴーバーおよび嬢の分析
趣味:シーメー、飲酒、読書
好きな食べ物:シースー、メンラー、タイスキ(MK)
好きな飲み物:ルービー
好きな言葉:不撓不屈
女性の好み:混血ギャル!

FC2カウンター
Twitter
 
タイ語を勉強しよう①
タイ語を勉強しよう②
タイ料理博士を目指せ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。