新虹日報

ナナプラザのレインボーグループの話題が中心。ゴーゴーバーの嬢報などを不定期でお届けします!

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: パッポン  

ちゃんユキよ、キミはナンバーワンだ!

昨夜はひとりサタデーナイトクルージングを決行した。しつこいようだが、ゴーゴーバーはひとりで楽しむのが基本。仲間と同行しないと楽しめないようなプレーヤーは、ビギナー中のビギナーである。

パッポンの隠れ家でパイイツした後、エレクトリックブルーにイン。ちゃんユキをさっそく発見した。もはやあいさつすらされなくなってしまったが、そんなことは関係ない。彼女の溌剌としたダンスタイムが全てなのだ。まだ荒削りだが、確信に近づいてきた結論がある。

ちゃんユキよ、キミは目下、バンコクナンバーワンのゴーゴー嬢だ!

ピンクパンサーに移動。プライドの高さがビンビンに伝わってくる若ナンに加え、某スパンヤオのお気に入りである極細モノを久々に確認した。私のことは無視。覚えていないのだろうか……。

極細モノよ、私と一緒に犬に行ってジョニ金で乾杯したことを思い出したまえ!

MRT(地下鉄)でアソークに移動し、ソイ・カウボーイのシャークに入店するも、裏番181番はおらず。日本土産を献上しようと思っていたのに残念……。

ナナプラザに転戦。

IMG_3357.jpg

レインボー1はパッとしない嬢況。片瀬94番が私服に着替え、ドヤ顔で店を出て行ったのだけが印象に残った。片瀬の心の闇は深い。

片瀬よ、キミはいったい何がしたいんだ、打ち明けたまえ。

レインボー2では、T-REX3番、リオ36番、ドルプー90番、そして吾郎氏イチオシの1軍レギュラー10番らを確認。10番を久しぶりに見たが、1軍レギュラーバリバリ当確の容姿である。

昨夜はトータルで召喚ゼロ。オレに話しかけてきたのは、虹2のアベちゃんだけという不甲斐なさだったが、ひとりクルージングの際はステージと店内をじっくりと観察するのがオレのスタイルなのだ。

嬢にもてなかろうが、嫌われようが、無視されようが、チクリ虎が暗躍しようが、まったく気にしない。普通にゴーゴークルージングできるだけで十分である。

プロンポンのラーメン一番でシーメー。一目でそれと分かる娼婦を連れた観光客らがワイワイやり始めた。これもまたバンコク特有の光景である。

IMG_3363.jpg

ゴーゴー嬢は共有財産。けっして自分だけのものにはならない。当事者は否定するだろうが、彼女らが番号札を付けて夜のマーケットに出ている限り、全ての恋愛は「擬似」である。嬢に金を毟り取られるのは仕方ないとしても、魂まで吸い取られるのは実に愚かだ。若い頃の話だが、私も実際に吸い取られた経験があるので断言できる。ただでさえ難しい国際恋愛。しかも、相手が娼婦となれば困難を極める。が、何事も経験しなければ語ることはできない。うわべではなく、本格的な擬似恋愛から学ぶこともたくさんある。
スポンサーサイト
Category: パッポン  

ひとりサタデーナイトクルージング

昨夜はひとりサタデーナイトクルージングを敢行した。何度でも言うが、ゴーゴーバーはひとりが基本である。

シーロムやパッポンの屋台で買い物を終え、パッポン1通りのマドリードでパイイツ。ここのパスタやザーピーはうまいので、今度紹介したい。

エレクトリックブルーに転進するも、予想以上に混んでいて座れず。一方のピンクパンサーは嬢がまだ揃っておらずガラガラ。やれやれ……参ったな。

仕方がないので、タニヤの桃太郎でシーメー。ここは愛読誌のフライデーが置いてあるのがありがたい。昨今、バンコク中心部にはイマドキのラーメン屋が乱立しているが、桃太郎やプロンポンのラーメン一番などのレトロ感、安定感は捨てがたい。

IMG_3187.jpg

ソイ・カウボーイに移動し、「ソイカのホーム」と化しているシャークにイン。ブルンブルンと震える猫耳77番の桃尻を眺めながら飲む酒は格別。猫耳スリム93番のプリケツも客の視線をひきつける魅力がある。

IMG_3189.jpg

ナナプラザに転戦し、レインボー1に進入。シンちゃんのほか、片瀬、ボリカンディー17番、バルーン12番、記者氏の元オキニ67番らを確認。

67番は顔面のナーラック度がアップしている。一方の12番はプンプイ度がアップ。改めて感じたが、バルーン12番はゴーゴー嬢としての華があるので、ブーデー化は避けてもらいたいもところだ。ダイエットに励むべし。

レインボー2を覗いているも、激混みで入店する気が瞬間的に失せてしまった。溢れんばかりのルッカーコンイープンが席を埋め尽くしていた。日本の連休恐るべし!

帰宅。
Category: パッポン  

2か月ぶりのフライデーナイトクルージング!

昨夜はThanwa氏とフライデーナイトクルージングを決行した。2か月ぶりのフライデーナイトクルージングである。

パッポンのミズキッチンで待ち合わせた。ステーキサンドイッチを注文すると、「パンがない」と断られ、マカロニグラタンに変更。洋食屋でパンがないって……大丈夫か!? まあ、オレはミズキッチンサポーターなので大概のことは大目に見る。Thanwa氏は王道のサリカステーキをオーダー。そして、復帰祝いということでまたまたおごっていただいた。Thanwaさん、どうもありがとう。

IMG_3165.jpg

パッポンのエレクトリックブルーに突入。2か月ぶりだが、我がジョニ黒ボトルはちゃんと残っていた。ちゃんユキのグリングリンダンスを観賞しながら、ウイスキーをグビリ。

く~~、最高だぜ!!

ピンクパンサーを経由して、ナナプラザに転戦。

IMG_3170.jpg

レインボー1では、旧友のシンちゃんに再会した。シンちゃんがレインボー4の1軍で、オレがそこそこのモテメンだったのも今は昔。お互いに年をとってしまったが、こうして笑顔で再会できるのは素晴らしいことである。

レインボー2では、T-REX、重鎮、リオ、リボン、睨み顔、26番(ニックネーム募集中)、かのん、楽しんご、そして愛しのドルプーらを確認。懐かしすぎるぜ。

重鎮やT-REXからは「パイナイマー(どこに行ってたの)」と声がかかった。ゴーゴーライフから遠ざかり、マスターからビギナーに転落した新羽だが、2人ともそんなオレのことを覚えていてくれたようで、ありがたき幸せ。JAK氏とも再会を果たし、握手。

その後、1階のプレイスクールで軽く飲み、これからが本番のThanwa氏と別れ、ドルプーラーメンでシメた。

IMG_3175.jpg

ゴーゴーではペイバーどころか召喚すらしていないが、オレの心はスパンヤオと嬢のおかげで満たされている。1週間きっちりと働いた後は娯楽も必要。貴重な一夜だった。

これが新羽のフライデーナイトクルージングだ!
Category: ソイ・カウボーイ  

2か月ぶりのゴーゴークルージング!

IMG_3078.jpg

これだよ、これ……オレは帰ってきたんだ!

さまざまなトラブルに見舞われ、ゴーゴーバーどころではなくなっていたこの2か月。オレは心を固く閉ざし、スパンヤオとの連絡も激減し、嬢報にもまったく興味を失っていた。が、後輩営業戦士はそんなオレを熱心に誘ってくれた。師匠と呼ばれている以上、弟子の頼みを無視するわけにはいかない。9月13日土曜日。この日に後輩営業戦士とサタデーナイトクルージングをすることを目標に、オレは自らの心身を調整してきた。

後輩営業戦士と待ち合わせ、おもむろにソイ・カウボーイのシャークに突入。店内に入った途端、爆音のダンスミュージックがオレの耳を刺激し、アドレナリンが一気に放出してきた。ステージを見やれば、かの裏番や猫耳が健在。懐かしすぎるぜ。

隣のバカラに移動。元ナンバーワンのボーも健在だった。女は実に逞しい生き物である。一方、現ナンバーワンとの呼び声も高いシンちゃんの妹が声をかけてきた。オレは7年以上も前から彼女のことを間接的に知っているが、相変わらず美しい。シンちゃんは知る人ぞ知る存在だが、面倒なので説明は省く。過去記事でも紹介しているはずだ。

2か月ぶりのナナプラザに転進。1階中央部のバービアに陣取り、買い込んだナナバーガーをガブリ。泣きそうなほどうまい。空腹だったことに加え、バーガーを咀嚼するごとにさまざまな感情がこみ上げてくる。いろいろあったけど、またここに戻ってこられて本当に良かった……。幾度と食べているナナバーガーだが、過去最高の味だったことは言うまでもない。

IMG_3072.jpg

レインボー2で重鎮、リオ、T-REXらを確認。レインボー4を経由して、レインボー1に進入した。

虹1では、スキニーナーラック152番のサツアイでテンションが上がるオレ。また、以前はちらちらとアピッてくれていたタマダー嬢が整形し、とんでもなくかわいくなっていた。次回は彼女を絶対に召喚する! ナナプラザにおけるささやかな楽しみのひとつとして取っておきたい。片瀬の口紅は妙に赤かった……。

レインボー3で、後輩営業戦士のペイバーを見届けて帰宅。

昨夜はオレらが行った先々の店で、嬢やウエイトレスらがざわつく感じがあった。何年間も毎晩のようにゴーゴーに通い、ブログに好き勝手なことを書きまくり、「インターネットの男」として嬢からも警戒されていたこのオレが、いきなり2か月間も行方をくらましていたのだから無理もない。店内では、遠くから様子を窺う者、気軽にあいさつしてくる者、おそるおそる話しかけてくる者などいろいろいたが、みなが一様に温かく迎えてくれた。

ありがとう。
Category: フィクション  

友だちになった嬢

IMG_9345.jpg

金曜の夜。いつもなら明るい気分になれるのに、その日のオレはやたらとむしゃくしゃしていた。会社では上司に延々と怒鳴り散らされ、客先からはクレームをつけられ、散々な一日だった。

オレはタイの首都バンコクに住むしがない現地採用。駐在員のような立派な社用車があるわけでもなく、運転手がいるわけでもなく、自分の車すら持っていなかった。高架鉄道(BTS)にふらふらと乗り、一日の勤労でテカテカになった油ぎった面を処理する精神的余裕もなく、汗臭い体臭を車内に撒き散らし、降り立ったのは今夜もナナ駅だった。

自分がやるべきことは決まっていた。ゴーゴー狂いの輩たちに「虹2の1軍クリーンアップ」などとネットで評価されている嬢を唐突に呼び、話し、あわよくば連れ出そうと企んでいた。

レインボー2の目立たない席に腰を下ろし、ビールを注文すると、目当ての嬢はオレの目の前で踊っていた。面識はまったくなかったがさっそく呼ぶと、ステージを下りてオレの席にやってきた。チューレンはメイ、歳は24だという。茶髪巻き髪のギャル系。クリーンアップといわれるだけのことはあり、人気嬢のオーラを振り撒いている。オレの好みに間違いないが、彼女を振り向かせるには容姿も経済力も不十分すぎた。そんなことは自分自身が一番よく知っている。

メイはイサーン(東北部)のルーイ県出身で、今はラチャダーのアパートに同僚と住んでいるのだとか。ルーイが生み出したヒーローであるアサニーワサンについて語ると、メイは大喜びした。幾多の日本人客と擬似恋愛を繰り返してきたのだろう。予想以上に日本語が上手だ。立ち振る舞いもスレているが妙な包容力があり、天真爛漫とした笑顔は終始途切れず、われわれの会話は自然と弾んだ。

「アナタはなんでいつもひとりで飲んでるの?」

「友だちがいないからだ」

「寂しくないの?」

たくさんの友だちと夜な夜なディスコに繰り出しているおまえなんかにオレの気持ちは分からないだろうと思いつつも、メイを前にしたオレは自分でも不思議なくらい正直だった。素直に彼女の質問に答えていた。

「うん、実は寂しい時もある。でも、こんな性格だから友だちを作るのが苦手なんだ」

「じゃあ、私が七助のプーアン(友だち)になってあげるね」

メイのダンスの順番が回ってきたタイミングで、お互いの電話番号を交換し、オレは店を出た。あんな言葉には騙されない、いつもああやって客たちを振り向かせ、金を毟り取り、恋心を吸い取り、骨抜きにしているんだ。被害妄想を勝手に膨らませたオレは、メイの電話番号を突発的に削除していた。

その後、レインボー1に移動してだらだらと飲んでいると、電話が鳴った。メイからだった。

「これからみんなでディスコに行くから、七助も来なよ」

騙されたと思うことにして、指定されたディスコに行ってみると、数人のレインボー嬢と日本人男性が集まっていた。メイは律儀に全員をオレに紹介し、顔をつないでくれた。嬢らはみな優しく、男らはみなフレンドリーだった。

メイはオレだけに支払いを求めるわけでもなく、かと言って放置するわけでもなく、楽しそうに酔い、踊っていた。たばこと酒と香水が交じり合った、性欲を掻き立てる匂いを放っていたが、彼女の体に手を触れるのはなぜか気が引けた。それでも、オレは楽しい気分に浸っていた。酔った勢いで、スヌープやドレーの慣れ親しんだフローに身を委ね、下手なダンスを披露したりもした。

帰り際、酔っ払ったメイはオレにこう言って、女友だちとタクシーに乗り込み、去っていった。

「メイは七助のプーアンだからHはなしね。バイバイ」

何言ってるんだメイ、Hなんか要るわけないじゃないか、ありがとう。オレはそう言い返したかったが、彼女はもうその場にいなかった。

いつまで続くかはもちろん分からないが、オレにレインボー嬢の友だち、それもとびきりかわいい友だちができた瞬間だった。

明日の夜はまた店に行ってメイと話してみよう、土曜の夜だから忙しいか……もう会社で上司に怒鳴られたことなどすっかり忘れていた。
09-2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

«   »

ASAHI24/7
両替ベストレート
タイ各地の天気
検索フォーム
プロフィール

新羽七助

Author:新羽七助
バンコク在住。ナナ商科大学卒業。ゴーゴーバージャーナリストとして暗躍している。ナナプラザのレインボーグループを中心に、ゴーゴー突入回数は2,000回以上。今はパタヤにハマりつつある。
特技:ゴーゴーバーおよび嬢の分析
趣味:シーメー、飲酒、読書
好きな食べ物:シースー、メンラー、タイスキ(MK)
好きな飲み物:ルービー
好きな言葉:不撓不屈
女性の好み:混血ギャル!

FC2カウンター
Twitter
 
タイ語を勉強しよう①
タイ語を勉強しよう②
タイ料理博士を目指せ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。