新虹日報

ナナプラザのレインボーグループの話題が中心。ゴーゴーバーの嬢報などを不定期でお届けします!

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ソイ・カウボーイ  

バカラ、顔デカ220番

先日はfunicco氏および吾郎氏とウィークデーナイトクルージングを強行した。平日はノーゴーゴーを基本としているが、弟子である吾郎氏のお誘いを断るわけにはいかない。

ソイ・カウボーイのシャークで待ち合わせた。吾郎氏は裏番向けのコーンファーク(お土産)を用意していたが、裏番181番は残念ながら不在。最近は裏番向けのお土産を持参すると、当人が不在の夜が続いている。裏番に対するヒキはイマイチといったところか。

隣のバカラに移動。一門の後輩営業戦士がペイバーし、スクラッチドッグに同行した道端アンジェリカは、オレのことをちゃんと覚えていた。彼女のことは気に入っているので一杯ぐらいおごってあげても良かったのだが、逆にたかってくる雰囲気は皆無。肩透かしを食らってしまった。最近のオレは意図せずして「辛イープン臭」をビンビンに発しているのかもしれない。

バカラで気になったのは、顔デカ220番。横で踊っているタマダーバカラ嬢の顔の2倍はあるのではなかろうか。顔も体もダイナミックすぎるが、踊りはエロく、妙な魅力を放出している。完全なる欧米市場担当だが、一部のマニアックな日本人にも人気が出ると予想。友人の記者氏が有力である。

ナナプラザに転戦。レインボー1では、ゲゲゲの鬼太郎にクリソツな101番を発見。鬼太郎101番の人気がすでに上昇していることは、昨日に報じた通り。

レインボー4では、吾郎氏がSM女王様025番にお土産を献上。ホッペキッスのご褒美を授かっていた。羨ましいぜ。一方、便乗を試みた新羽に対するホッペキッスは「マイダイ(できない)」。そう、それでこそSM女王様だ! SM女王様たるもの、キッスの安売りなどするべきではない。

レインボー2では、吾郎氏の元嫁である引田天功が氏への囲い込みを開始。オレはどさくさに紛れて引田に膝スリスリ、パイオツンツンなどを繰り出し、お先に帰宅した。

最近はレジェンドらへのお土産進呈が活発化しているが、辛イープンの新羽としては、カンボジア国境のポイペトあたりの市場でキーホルダーでも購入し、片瀬と高飛車のブラにねじ込みたいところだ。

IMG_3171.jpg
スポンサーサイト
Category: テーメーカフェ  

虹2、リボンちゃん48番

昨夜は某スパンヤオとフライデーナイトクルージングを決行した。

パッポンのエレクトリックブルーで待ち合わせた。休憩中、エースのちゃんユキが来てくれたので、伝家の宝刀パークワーン(甘い口=お世辞)をぶちかまし、いちゃいちゃしようと悪巧みしていると、地味までオレの横に来てしまった。地味はオレのことを慕ってくれている数少ない嬢のひとり。同僚を気遣える優しい性格の持ち主でもある。ちゃんユキだけをチヤホヤするわけにはいかず、クール新羽を演じてしまった……無念。

タニヤのカラオケ店でキープボトルのバランタイン17年を嗜み、ナナプラザに転戦した。

レインボー1でThanwa氏と合流。虹1では、鬼太郎101番が変貌を遂げていた! 水曜日はゲゲゲの鬼太郎よろしく、奥のほうでモジモジしていたが、たった2日間のうちに容姿が垢抜け、最前線で溌剌と踊っているではないか。もしや、オレのツイートで鬼太郎の召喚率が急上昇しているのでは!? 鬼太郎のコンフィデンスの高まりを感じざるを得ない。

深夜のレインボー2は燦々たる嬢況だったが、突如としてリボンちゃん48番が登場! ナーラックな容姿(リボンを付けるのはもはや飽きてしまったらしい)、キュートな笑い声、明るい笑顔、天然の性格……リボンちゃんはレインボーグループが輩出したアイドルである。

リボンちゃんをすかさず召喚してみると、いつになく酔っ払っている。トローンとした目つきで、「スケベー!」とオレの肩にしなだれかかってくるではないか。彼女はオレの名前をなかなか覚えることができず、と言うか覚える気がまったくなく、新羽のことを「タルンちゃん」と命名。これを機にオレも「リボンちゃん」と呼ぶことにした。

リボンちゃんよ、キミはなんてかわいいんだ!

ちなみに、オレはゴーゴー嬢と一定の距離を置いているため、よっぽどの親しみを覚えた嬢にしかちゃん付けはしない。シンちゃん、ユキちゃん、リボンちゃん、現在はこの3人のみである。

久しぶりのテーメーカフェでクールダウン。20バーツのポップコーンを貪り食っていると、スーブーが次から次にアピッてきた。酒場において、スーブーからアピられるほど面倒なことはない。

地下室のスーブーどもよ、散りたまえ!

テーメー前の麺屋台で、写真のバミーナームピセートでシメて帰宅。

IMG_3836.jpg
Category: パッポン  

後輩営業戦士とサタデードッグを満喫!

昨夜はブッカオ一門と対峙する新羽一門の特攻隊長、後輩営業戦士とサタデーナイトクルージングを決行した。

土砂降りの雨で大幅に遅刻してしまったが、パッポンのマドリードで合流。ここのザーピーはグンバツにうまい。後輩営業戦士も「こんなうまいピザ、久しぶりに食べました!」とご満悦。案内した甲斐があるというものだ。

IMG_3670.jpg

パッポンでの我が拠点と化しているエレクトリックブルー(EB)に移動。ちゃんユキが早くもグリングリンをスタート。後輩営業戦士も「ちゃんユキ、いいっすね~!!」と目をギラつかせていたが、ファランオヤジが囲い込んでおり、手を出す余地を見出せなかった……無念。

ピンクパンサーを経由してナナプラザに転戦。レインボーグループでは、さまざまな事態が発生した。

特筆すべきは、新羽が犬に行く約束をしていたおしゃべりアイテムにドタキャンを食らってしまったということ。オレが嬢をペイバーして犬に行くなんてめったにあることじゃないのに……非モテオヤジ客の悲哀を存分に味わうゴーゴーマスター、ここにあり。

一方、後輩営業戦士はレアキャラの極嬢を召喚するも、犬ロング5000バーツで、しかも前払いとぶちかまされてしまった。前払いは断固としてノー!! ある程度のサービスが保証されているローフーやエロマッサージとは違い、ゴーゴー嬢に前払いなど「甘イープン」の極みだ。嬢に後払いを認めさせるも、後輩営業戦士は「もはや興ざめしました」と放流。

前払い主張嬢よ、おまえに飲ませるスウィングはねぇ!

虹で行き詰った時はバカラ、と相場が決まっている。ソイ・カウボーイのバカラに転戦。後輩営業戦士は熾烈なペイバー合戦を制し、道端アンジェリカをペイバー。道端のマイカーでスクンビット・ソイ20のウィンザーホテルに到着した。

ウィンザーホテルの地下1階にあるのが、ロープー御用達のデスコ「スクラッチドッグ」である。犬ではもちろん、スウィング3200バーツを投入!

IMG_3691.jpg

道端の底抜けの明るさに誘発され、われわれも飲み、食い、踊り、サタデードッグを満喫。新羽の足元がフラフラになり、後輩営業戦士の腰痛が発生した頃合いでお開きになった。

結論としては、道端はナーラック、ニサイディー、ボリカンディーの3拍子がそろっていたもよう。語学力が高く、マイカーまで所有し、申し分ない。嬢はやはり召喚してみないと分からないものだ。

嫉妬と欲望、それに齟齬が交差するゴーゴー業界。ずっこけは起こるべくして起こるが、焦る必要などまったくない。ゴーゴーでずっこけない客などいないのだから……。ずっこけを挽回し、自らが設定したゴールに向かってチャレンジを続けるのがゴーゴークルージングの醍醐味である。

残り物には福がある――各プレーヤーはこの言葉を胸に刻むべし!

IMG_3692.jpg
Category: タニヤ  

カラオケでしっぽり、EBではちやほや

昨夜はタニヤの某カラオケ店でひとりしっぽりと飲んだ。

たまにしか行かない店なのだが、写真のバランタイン17年(3800バーツ)が入っていることもあり、スタッフの対応は良い。しばらくひとりで飲んでいたが、ママさんが嬢を定期的にすすめるので、話相手としてひとりの嬢を呼んだ。

IMG_2448a.jpg

嬢はイサーン(東北部)のコンケーン出身のアラサー。整った顔立ちの日本人仕様。日本語が驚くほどうまい。ゴーゴー嬢のなんちゃって日本語とは違い、語学学校できちんと勉強した日本語だ。昼の仕事とカラオケの仕事を行き来しているが、「夢」があるのでお金を貯める必要があり、カラオケの仕事につい戻ってきてしまうのだという。夢は自分のお店を持つこと。「カラオケじゃなくて、ゴーゴーバーで働いてみたら?」と聞くと、

「私はそんな下のレベルじゃない!」

とピシャリ。「私たちはゴーゴー嬢よりは上」というのがカラオケ嬢目線。一方、「カラオケの客はオヤジばかり。私たちの客は若メン中心」というのがゴーゴー嬢目線であり、はかないプライドとなっている。MP嬢に至っては、「客すら選べず、拒否権を発動できない職種」と定義されることしばし。

夜の嬢たちよ、「ドングリの背比べ」という言葉を覚えておきたまえ!

バランタインで完全にエンジンがかかってしまい、パッポンのエレクトリックブルー(EB)に転戦。エースのちゃんユキが早くもグリングリンダンスを展開。そうそう、これですよ、これ! これが見たくて、EBに来てるんだから。昨夜は、嬢らが番号の縫いこまれたリストバンドを巻いて踊っていた。ちゃんユキは44番だ!

EBでは、コヨーテ嬢がグリングリンダンスでアピッてきたり、お菓子をくれたりとやたらとチヤホヤされた。どういう風の吹き回しだろうか? 男は単純な生き物である。チヤホヤされると、自然と気分が良くなってくるから不思議だ。オレみたいなチヤホヤされ慣れていない非モテメンオヤジはなおさらである。

タニヤの小象寿司で、写真のちらし丼365バーツを食し、帰宅。うまい酒とうまい飯こそが主役であり、嬢はあくまでも脇役。これが新羽のナイトクルージングだ!

IMG_3643.jpg
Category: パッポン  

新羽の引きは健在、召喚拒否率上昇も

昨夜は某スパンヤオとサタデーナイトクルージングを敢行した。

パッポンのエレクトリックブルー(EB)で待ち合わせた。ちゃんユキがいないのは至極遺憾だったが、地味のダンスを観賞。地味は天性のダンサーである。ささやかなご褒美を進呈すると、大喜びする地味。スレてない嬢はいいね!

ピンクパンサーに移動。某スパンヤオお気に入りの極細モノを発見し、氏は満面の笑顔でペイバーした。この極細モノは出勤が不安定かつ少ないため、昨夜はラッキーだったと言うべきだろう。

昨夜はEBでも某スパンヤオにとって有益な嬢報がもたらされた。ゴーゴーバーにおいて、オレの引きは恐るべく強い。これは多くのスパンヤオが認めるところだ。その一方で、オレと同行すると「召喚拒否率」も上昇する。記者氏をはじめ、funicco氏、某スパンヤオ、後輩営業戦士、吾郎氏など、オレの影響で召喚拒否を受けたスパンヤオは少なくない。しかし、新羽はインファマス(悪名高い)なゴーゴーバーアナリストであり、これはどうしようもないことである。プラスマイナスゼロということでご勘弁いただきたい。

某スパンヤオと別れ、ナナプラザに転戦。昨夜のレインボー1は残念な嬢況だったものの、レレレのフレンドリーさに救われた。レレレは実にニサイディーかつチャイディーである。

片瀬と高飛車よ、キミたちもレレレを見習いたまえ!

レインボー2に移動。楽しんご18番、地味軍団のエース10番、長身スリム25番らを確認した。25番はなかなかいい感じなので、要チェック。

「七助、おみやげ~!」と声をかけてきたのは、重鎮6番。声をかけてくれるのは嬉しいが、オレの名前を大声で呼ぶのは勘弁してくれ!

ピンポイントのタイミングで遭遇したJAK氏およびパツイチを終えて戻ってきた某スパンヤオとドルプーラーメンを食し、オレは帰路についた。

やれやれ、今夜も酔っ払ったぜ……ドルプーラーメン、まいう~!

IMG_3507.jpg
Category: ソイ・カウボーイ  

スパンヤオとの触れ合いナイトクルージング

昨夜はフライデーナイトクルージングを決行した。

19時45分ごろ、そろそろソイ・カウボーイのシャークに向かおうかなと思っていた矢先、「見かけたら声かけてください」と伝えていたThanwa氏からメッセージを受信。

「あれ、鮫じゃなかったですか!?」

ワンパターンと化しているオレの行動はすっかりお見通しのようである。鮫でThanwa氏と合流した。

鮫では、ハッピーアワールービーを享受しつつ、裏番181番を観賞。昨夜は眠かったらしく、ステージ上からおねむのポーズを取る裏番。思わずドキッとしてしまった。スワイマーク!

隣のバカラに移動。リーフーの餃子などつまみつつ、こちらでも観賞。Thanwa氏に紹介したいと思っていたシンちゃんの妹はいなかったが、美形158番とダンスがブリブリの271番に着目。デビ夫人も健在……。

ナナプラザに転戦。レインボー2でスパン王子と合流した。王子はシャレオツかつ紳士的で、こういう御仁がナオンにもてるんだろうな、などと勝手に分析。

虹2では、ドルプー90番、リボン48番、地味軍団のエース10番らにサツアイを受けて、微妙にテンションが上がるオレ。

レインボー1に移動。高飛車を発見した。ステージ上から客を見下すタカビッチな視線、人生を斜に構えた悪そうな目つき、手入れを続けてきたシャープな小顔、黒光りするしなやかな肢体……高飛車健在!

高飛車よ、キミはやはりレジェンドだ。さらに躍動したまえ!

スパン王子と別れて、レインボー4に転進。SM女王様025番は相変わらずのプロポーションをキープしている。スキニー11番からサツアイを受けたのも収穫のひとつ。あいさつはコミュニケーションの基本。1軍嬢にニコッとされるだけでも、オレのような非モテ油ギッシュオヤジ客は嬉しいものなのである。

虹4でThanwa氏と別れ、虹1に出戻り。アミラーゼ氏、だんじり氏と合流した。アミ氏は相変わらずエネルギッシュ。初対面のだんじり氏は思っていたよりもいかつい……ちょい悪なんじゃよ。嬢報交換などしつつパイイツ。オレはガソリン満タンでエンジンがかかっていたため、普段よりもはるかに饒舌だったことは間違いない。

スクンビット・ソイ11入口のカオマンガイ屋台でひとりシーメー後、帰宅。スパンヤオとの触れ合いの一夜だった。

昨夜は数か月ぶりの召喚1。伝家の宝刀パークワーン(甘い口=お世辞)を炸裂させた。オレのベシャリもまだまだ衰えてないんじゃよ。

IMG_3472.jpg
10-2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

«   »

ASAHI24/7
両替ベストレート
タイ各地の天気
検索フォーム
プロフィール

新羽七助

Author:新羽七助
バンコク在住。ナナ商科大学卒業。ゴーゴーバージャーナリストとして暗躍している。ナナプラザのレインボーグループを中心に、ゴーゴー突入回数は2,000回以上。今はパタヤにハマりつつある。
特技:ゴーゴーバーおよび嬢の分析
趣味:シーメー、飲酒、読書
好きな食べ物:シースー、メンラー、タイスキ(MK)
好きな飲み物:ルービー
好きな言葉:不撓不屈
女性の好み:混血ギャル!

FC2カウンター
Twitter
 
タイ語を勉強しよう①
タイ語を勉強しよう②
タイ料理博士を目指せ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。