新虹日報

ナナプラザのレインボーグループの話題が中心。ゴーゴーバーの嬢報などを不定期でお届けします!

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: コヨーテクラブ  

1軍上位スレ嬢の洗礼@モンカル

IMG_7409.jpg

昨夜はfunicco氏とモンカルナイトクルージングを決行した。

ソイ・カウボーイの「バカラ」で待ち合わせた。ズリパイの救世主238番、道端アンジェリカ01番、元ギャル177番、白ナーラック239番らを確認。元ギャル177番はかなりナーラックになっている! ひとりポツネンとつまらなそうに待機してるのもおもろ~。

カラバで一番美しいのは、やはりシンちゃん妹である。シンちゃん妹よ、モンカルで働きたまえ!

タクシーでカセナワミンの「モンテカルロ」に転戦。モンカルの敷地内には、ビキニバーみたいなのもあることに今さらながら気づいた。要チェックだ。

funicco氏はかねて注目していたホステスを召喚した。見た目はもちろん、ニサイディードゥーアイ。サプライズプレゼントをあげたりしてイチャイチャする氏、裏山である。オレはと言うと、新羽オキニが休みだったため、最前線で踊っている1軍上位コヨーテを勇んで召喚した。

が、スレている……スレ臭が全身から滲み出ている。モンカルに3年も働いているとのことで、納得。容姿は1軍上位バリバリで、面食いとして知られるハチミツ吾郎氏の召喚リストにも入っているのだが、フライデーナイトに予約が入っていない理由がよく分かった。1軍上位スレ嬢の洗礼を受ける新羽七助。と同時に、オキニの素晴らしさを改めて実感した。

「モンカルのSM」も健在で、レインボー4のSM女王様025番にクリソツ。一卵性双生児なんじゃなかろうか……。

モンカルの嬢は「ホステス」「コヨーテ」のほか、「チアアップ」というカテゴリーもある。チアアップはコヨーテよりも踊りが激しいのが特徴。「チアアップの森下千里」は召喚候補のひとりとして浮上している。

モンカル場内では、日本の超有名芸能人を発見! なぜタニヤでもソイ・カウボーイでもナナプラザでもなく、モンカルにいたのかは謎だ。コーディネーターやスタッフが気をきかせたのだろうか。その姿を見ているだけでも楽しくなるような独特かつ強烈な芸能人オーラが印象に残った。
スポンサーサイト
Category: コヨーテクラブ  

2日連続のモンカル!

昨夜はいつものゴーゴーでだらだらと飲んでいたが、あまりにもつまらないので、funicco氏にお付き合い願い、急遽「モンテカルロ」に転戦した。

行きのタクシーでママさんに予約。到着すると、新羽オキニが既にベスポジ席にちょこんと座っていた。funicco氏もとある嬢にアンテナが立ったが、残念ながら先約ありとのこと。1軍嬢はとにかく競争が激しいが、次回に期待である。

3人でサイコロゲームなどしながら、ベスポジ席でショーを堪能。昨夜は写真の3人組の歌手らが場を盛り上げていた。各々ナーラックなのだが、真ん中のピンクマッシュは極上。野暮な例えで恐縮だが、ローフーの「ラベル」あたりにいたとするならば、1万バーツを超えるだろう。7,000バーツ級の嬢に突入しているfunicco氏が言うのだから間違いない。

コヨーテ嬢に目を移すと、レインボー4のSM女王様025番にクリソツな嬢を発見。思わず笑ってしまうくらい似ている。あらためて感じたのは、虹4のSM女王様はレベルが高いということ。年齢を抜きにすると、モンカルでも十分に通用する容姿水準である。

昨夜はミキサー、つまみ3種、ママさんドリンク、嬢1人のテーブルチャージこみこみで計3,000バーツ超だった。やはり嬢を召喚すると会計が跳ね上がるが、これは仕方なし。コヨーテは奥が深く、新羽もまだまだビギナーだが、コヨーテアナリストにもなるべく、修行に励む意向だ。

ゴーゴーに関しては何年も前から極め尽くしており、やり残したことはもはや何もないと断言できる。仲間とのゴーゴークルージングや仕事終わりのパイイツには欠かせないが、新羽の主戦場は既にコヨーテに移った。ゴーゴーと違い、ひとりでは至極行きづらいのが難点ではあるが……。

IMG_7067.jpg
Category: コヨーテクラブ  

モンカルナイトクルージング!

昨夜はfunicco氏、だんじり氏、Thanwa氏とモンカルナイトクルージングを決行した。

時間が余っていたオレとfunicco氏は、ソイ・カウボーイのバハナじゃなくてバカラで待ち合わせた。狙いの「ズリパイの救世主238番」は残念ながら来ず。シンちゃんの妹は相変わらずスワイだった。

スクンビット・ソイ19のアルゼンチンステーキ「エルガウチョ」で全員と合流した。昨今は大人気で、ヤバい混み方をしている。予約はマスト。かのホリエモン氏もツイートで同店を絶賛していた。

オレらは、エルガウチョステーキ1KGとステーキソース2種、それにサラダなどのサイドディッシュを1人前ずつ注文した。パンは無料。ステーキは文句なくうまいう~。これぞ「肉」といった感じだ。皿はとんでもない熱さになっているので要注意。お会計はドリンクや税金などもろもろ合わせて1人1,800バーツ弱だった。高いと思われるかもしれないが、価格破壊を起こしている同店では、安く済んだほうである。

IMG_7009.jpg

IMG_7001.jpg

カセナワミンのコヨーテクラブ「モンテカルロ」に転進! 嬢数は相変わらず多く、1軍上位ナーラックもそろっているのだが、既に客が付いている確率が非常に高いのが難点。実際にだんじり氏も1軍嬢を3人ピックアップし、ママさんに召喚可能か聞いてもらったが、残念ながら全員不可であった。

IMG_7016.jpg

オレのオキニ嬢もタッチの差で、先客に持っていかれた。が、オレらのテーブルにもちゃんと来て、乾杯したりイチャイチャしてくれたので、新羽はご満悦。男は実に単純な生き物である。

新羽のモンカルオキニはコヨーテダンサーだが、プロのデルモやダンサーとしてもきちんとした活動実績があり、いわゆるタレントである。そんな彼女が、巷のどのゴーゴー嬢よりもオレに優しくしてくれるという事実。う~ん……惚れてしまいそうである。彼女ともっとお話ししたい、普通にデートしたい、お付き合いしたい……ボンビーメンの宅八新羽には叶わぬ夢なのだろうか。

なお、モンカルの歌手は激ナーラックで目の保養になるが、タマダー客は召喚すら許されない。召喚の特権を与えられている金持ち常連客が羨ましい限り。お会計はキーニャオスタイルを貫いたおかげで、計1,800バーツ弱だった。ママさんとオキニには、プッチ100バーツを進呈。新羽担当のママさんはどのママさんよりもかわいいのが、密かな自慢でもある。funicco氏からママさんへの日本土産も今後、奏功する見通し。

スパン王子が待っているというスクンビット・ソイ20のデスコ「スクラッチドッグ」に転戦。王子と再会を果たした。場内では、アンガールズの田中似の客に急接近されたり、王子の嬢がべろんべろんに酔っ払ってつぶれかかったりと、ちょっとしたハプニングもあったが、仲間とデスコで飲むのも楽しいものである。

犬では、バカラのシンちゃん妹に再会。レインボー1のシンちゃんとはマブであり、シンちゃんの妹はオレの妹分のようなものだ。しかも、文句なくスワイ。シンちゃんにはショナイで、シンちゃん妹と犬に行くのもありだな、と悪だくみし始めている。

あまりにも腹がへったので、スクンビット・ソイ5のフードランドに向かい、バミーナームでシメて帰宅。もはや午前4時を過ぎているではないか……尋常ではないほど長時間にわたるクルージングだったが、インプレッシブな一夜となった。

IMG_7025.jpg
Category: 東京  

営業戦士と正月ナイトクルージング@東京

だいぶ前の話になるが、正月は後輩営業戦士、同僚営業戦士のお二方と東京ナイトクルージングを敢行した。

上野の居酒屋「鳥番長」で待ち合わせた。番長! と言うだけあり、鶏料理がまいう~。炭火で炙った各種鶏肉を肴に焼酎のお湯割りを嗜んだ。滋味溢れる鶏の丸焼きは、タイの嬢にも喜ばれそうな逸品だ。

20150102_180136.jpg

20150102_173616.jpg

上野と言えば湯島、湯島と言えばタイパブである。湯島に突撃するも、タイパブは残念ながら正月休みで閉店していた。タイのプロフェッショナルとしては、「日本の中のタイ」も取材せねばなるまい。次回はタイパブ通のスパンヤオSockk氏を招き、「湯島タイパブツアー」を開催する計画。

視点を変え、ザギンの人気パブ「フーターズ」に転戦。ウエイトレスはムチムチパツンパツンのコスチュームで接客しており、ダンスタイムもあり。ウエイトレスは混血嬢が多いのが特長で、弊ブログの読者諸兄は間違いなく楽しめるだろう。

20150102_203208.jpg

20150102_204613.jpg

写真のウエイトレスはフィリピンハーフの21歳。名前はなんとユキちゃん! 酔っ払った勢いで、「キミのニックネームは今日からちゃんユキだ!」とかますと、「キャハハ!」とはじける笑顔がたまらない。ナーラックだぜ~。フーターズのちゃんユキを至極気に入った後輩営業戦士はプッチ1,000円を進呈していた。ガーサス!

20150102_203724.jpg

十分なガソリンに加え、ちゃんユキの登場でエンジン全開になりかけたが、ふと我に返るオレ。ここはバンコクではなく東京なのだ……後ろ髪を引かれる思いで、新橋駅からJR線に乗って帰宅した。

持つべきものは仲間、これに尽きる。
Category: レインボーグループ  

丸顔キラー、虹4 fake love氏見参!(2)

(前回からの続き)オレたちのナナプラザに到着し、レインボー2の目立たない席に着座した。

丸顔キラー氏は店内を徘徊し、虹2の丸顔一軍クラス数人にプッチを進呈。最終的には、死魚目(しうおめ)43番に俄然注目していた。これまで死魚目の輪郭に着目したことはなかったが、ムムム、確かに丸顔である。そうこうしているうちに、死魚目は同胞にペイバーされて虹2を退出。

レインボー1に移動。氏はここでも丸顔大根足4番を召喚。鋭い眼光で4番の脇を凝視する丸顔キラー氏、さすがである。しばらくすると、本命の丸顔オキニが登場。スクンビット・ソイ20のディスコ「スクラッチドッグ」初突入に向けて、本命丸顔オキニのペイバーに至った。

虹4 fake love氏には、日本土産として新書を進呈いただいたほか、ほとんどのゴーゴードリンクもおごっていただいた。ブッカオ一門の統領である氏だが、仲間に対しては気前の良い御仁であることも付け加えておきたい。

本命丸顔オキニを虹1に待たせ、レインボー4へとスキップする氏を見送って帰宅。
Category: ソイ・カウボーイ  

丸顔キラー、虹4 fake love氏見参!(1)

先日は虹日報の熱烈な読者である虹4 fake love氏と初の会合を果たした。

ソイ・カウボーイのシャークで待ち合わせた。店内を見渡すと、ナニワのピラチンよろしく鋭い眼光でスマートフォンの画面を見入る氏を発見。実は氏とは共通の趣味があり、趣味トークでしばし盛り上がった。

鮫の嬢況としては、裏番181番も猫耳10番も不在。丸顔キラーとして名高い氏にレベルアップした猫耳を見てもらいたかったのだが、残念。

マイナー店を経由してオレたちのナナプラザに向かった。(続く)
03-2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

ASAHI24/7
両替ベストレート
タイ各地の天気
検索フォーム
プロフィール

新羽七助

Author:新羽七助
バンコク在住。ナナ商科大学卒業。ゴーゴーバージャーナリストとして暗躍している。ナナプラザのレインボーグループを中心に、ゴーゴー突入回数は2,000回以上。今はパタヤにハマりつつある。
特技:ゴーゴーバーおよび嬢の分析
趣味:シーメー、飲酒、読書
好きな食べ物:シースー、メンラー、タイスキ(MK)
好きな飲み物:ルービー
好きな言葉:不撓不屈
女性の好み:混血ギャル!

FC2カウンター
Twitter
 
タイ語を勉強しよう①
タイ語を勉強しよう②
タイ料理博士を目指せ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。