新虹日報

タイ、バンコク、ゴーゴーバー、ナナプラザ、レインボー、パタヤ、旅行、酒、飯……

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: レインボーグループ  

信楽焼オヤジ

IMG_8769.jpg

昨日は年上の知人と午後5時から飲酒開始。スクンビットのイングリッシュパブ→タニヤの居酒屋→もう1軒居酒屋→タニヤの某人気カラオケクラブという流れだった。オレよりもさらに酒が強い方なので、最後までお付き合いするのに精一杯。カラオケクラブで飲んだ後、残念ながら力尽きて、虹への転戦は断念せざるを得なかった。

さて、信楽焼オヤジとはいったい誰なのか? 信楽焼オヤジのことを書いてほしいというマニアックな質問・要望が寄せられたので、今回はそれにお答えしようと思う。

信楽焼オヤジとは、レインボー4の主に右ステージ側で、一晩中ウロウロしているスタッフのことである。当初、我々の界隈でツイートされているftth氏がこう呼び始めた。オレはこの素晴らしいネーミングに感心するとともに、さっそく使わせてもらうことにした。グーグルなどで「信楽焼」と画像検索してみてほしい。彼そっくりの写真がたくさん出てくる。

信楽焼オヤジのポジションはチーママクラス。時に嬢をあてがったりもするが、使い勝手はけっして良くない。むしろ鈍重である。このオヤジはいったい、なんのために雇われているのだろうかと疑問に思うほどである。

もう何年も前の話になるが、信楽焼オヤジはレインボー2で働いていた。現在よりももっと強面だった印象がある。オレは今でこそ虹の遊び方を極めているが、当時は超初心者だった。旅行者としてナナプラザを訪れ、虹2のギャルの馴染み客になったまでは良かった。しかし、彼女が信楽焼オヤジと懇意にしていたため、1週間近くの間、そのギャルを召喚するたびに信楽焼オヤジにも一杯おごるはめになったのだった。

当時はそんなものなのかなと思って従っていたが、今振り返ってみると、信楽焼オヤジにゴチる必要性などまったくなかった。メリットも何ひとつ享受できなかった。が、若かりし頃のほろ苦く楽しい思い出のひとつとして、オレの記憶に残っている。
スポンサーサイト

07-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

検索フォーム
Twitter
ゴーゴーバーに限らず日々の生活や思考を発信
 
プロフィール

新羽七助

Author:新羽七助
【しんは・ななすけ】
I am a gogo journalist.
バンコク居住歴約11年の編集記者。唯一無二のゴーゴーバージャーナリストとして長年活動。ナナプラザのレインボーグループを中心に、ゴーゴー突入回数は2000回超。パタヤも訪問。東南アジア諸国連合(ASEAN)10か国制覇。アフリカにも進出。ほぼ日刊ほいなめ新聞所属。旅や夜遊び、ミャンマー情勢などの記事を複数媒体に寄稿。仕事のご依頼などは下記にお願いします。
shinhananasuke
@gmail.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。