新虹日報

タイ、バンコク、ゴーゴーバー、ナナプラザ、レインボー、パタヤ、旅行、酒、飯……

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:  

吾郎氏、漢になる!

IMG_0770.jpg

昨夜もAくんとサタデーナイトクルージングを強行した。

スクンビット・ソイ11の「心山」でシーメー。東京・四谷の本店は第69代横綱の白鵬も常連で、写真のカレーちゃんこは横綱の好物なのだとか。カレースープは意外にもマイルドで、カレー臭を主張し過ぎることもなく、文句なくまいう~であった。

つまみも本格的で、満足度高し。

IMG_0761.jpg

IMG_0747.jpg

IMG_0753.jpg

お腹いっぱいでもはや帰宅してもいいほどだったが、サタデーナイトにそれはあり得ず。オレたちのナナプラザに向かった。

レインボー2に着陣。吾郎氏をさっそく発見した。と言うか、昼間の会合で氏のスケジューリングは確認していたので、予定通りである。

紆余曲折あったものの、吾郎氏は予てからの念願だった大物嬢のペイバーに成功! 自らの目標を有言実行し、漢(ルビ=おとこ)になったのだ。

氏は旧虹日報の頃からオレのブログを熟読しており、嬢の好みも新羽と丸カブリしていることが分かった。

僭越ながらあえて言わせていただこう。吾郎ちゃんは今日からオレの弟子だ!

その後、Aくんとレインボー1、キャンディランドを巡遊。超低空飛行を続けたが、最後のテーメーカフェでオレも漢になって帰宅。吾郎氏から勇気をもらった一夜であった。


IMG_0740.jpg
(おまけ)吾郎氏とプクイチしていたら、パイオツカイデープリティーが登場@エスプラネード
Category:  

ホイクワン発サタデーナイトクルージング

昨夜も営業戦士らとサタデーナイトクルージングを開催した。

後輩営業戦士がビーエーを食したいとのことだったので、ホイクワン市場に立地する「ノイシーフード」にご案内。新羽がかつてゴーゴー業界でブイブイいわせいていた頃、虹嬢に連れて来てもらったのがこの店との出会い。その後、長年にわたって定期的に通い続けている。

IMG_0576.jpg

IMG_0586.jpg

IMG_0582.jpg

シーメー後、ナナプラザに移動し、レインボー4に着陣。後輩営業戦士に黒豹18番をすすめてみたが、まったくアンテナが立たないようもようだ。それもそのはず。夕食前に天下の名湯「アムステルダム」で英国ハーフ嬢とのアツイ一戦を終えたばかりなのだ。入湯料は90分5800バーツなり。

レインボー2を経て、レインボー1に転戦。しばし観賞した後、後輩営業戦士は注目の某1軍嬢を召喚した。オレは先日の赤リス1番からの召喚拒否が若干トラウマになっており、またスパンヤオがノンノンされるんじゃないかと冷や冷やしたが、今回はちゃんと召喚に応じてくれて一安心。

……と言うか、レインボーグループに多大なる貢献をしている自分が、なぜこんな思いをしなければならないのかとの念もあるが、これは唯一無二のゴーゴーバーアナリストである新羽七助の宿命であると考えている。

後輩営業戦士がパツイチを終えて戻ってきた後、先輩営業戦士と合流し、ソイ・カウボーイに転進。重要なミッションを果たすべくバカラに突入したが、ターゲットの嬢はおらず、店内も激混みで断念。バカラは火事の影響を受け、2階が営業していないため、未曾有の鬼混み状態となっている。

連日のテーメーカフェでポップコーン片手にプクイチし、帰宅。

後輩営業戦士の今回のノルマは8。現在のところ実績は3で、若干出遅れているが、数字に徹底的にこだわり、常に結果を残すのが一流営業マンの証だ。ノルマ達成に注目が集まる。
Category:  

なんつッ亭@サイアムパラゴン

BmSzXKJCcAAcI9z[1]

ラーメン屋「なんつッ亭」。神奈川県秦野市が誇る名店である。

情熱大陸というテレビ番組で、同店店主の古谷一郎氏が紹介されていた。アツくエネルギッシュな男である。オレもアツくエネルギッシュに生きることを常々目指している。彼の店のラーメンを一度食べてみたいと思っていた。

「なんつッ亭」バンコク1号店はサイアムパラゴンG階に入居。タイ人客と日本人客を中心に大盛況である。

黒マー油ネギラーメン味玉入りを注文した。価格は270バーツ(税サ抜き)。濃厚クリーミーとんこつスープに、にんにく風味の黒マー油が未曾有のパンチを効かせている。うまいぜベイビー!!

「感謝」「誠実」「情熱」「挑戦」「調和」が古谷氏の創業以来のモットーであるという。

感謝だ挑戦だと言うだけなら誰でもできるが、氏は本当に実行し続けてきたからこそ、今の成功があるのだろう。オレも見習わねばなるまい。

なんつッ亭……また行くぜベイビー!
Category:  

バンコク最高峰ビーフステーキ!!

本日はftth氏とステーキランチを強行した。

ステーキランチの場に選んだのは、スクンビット・ソイ19の入口(ウエスティンホテルとターミナル21の間)に立地する「EL GAUCHO ARGENTINIAN STEAKHOUSE」だ。

メニューを見た途端、ムムムと表情が硬くなるふたり。はっきり言って高い、いや、高すぎる! が、オレは飲食には金を惜しまないというポリシーを持っているので、迷いはなかった。コンルアイであるftth氏も言わずもがな。

ふたりそろって、USAプレミアムビーフステーキ350㌘を注文。値段はズバリ1人前2290バーツ。ただし、これにはサラダはおろか、ステーキソースすら付かず、肉の塊のみとのことなので、サラダとマッシュポテト、それにステーキソース2種類も追加した。計6143バーツ。

IMG_0188.jpg

IMG_0197.jpg

IMG_0204.jpg

IMG_0210.jpg

最初のガーリックトーストはサービス。そして、熱々の皿に載ったメインディッシュのステーキは予想以上に柔らかく、舌でトロける。肉自体にしっかりと味が付いており、ソースがなくとも十分なほどだ。

新羽が断言しよう。見た目は素朴だが、これは間違いなくバンコク最高峰のビーフステーキである!

Tシャツ、短パン、ビーチサンダルという装いで突入したせいか、最初は店員らも冷たかったが、注文後は態度がコロッと変わり、グンバツのもてなしを受けた。店長と見られるメンイケファランからも丁寧な挨拶を受け、満足げな表情を浮かべるオヤジイープンふたり。

おいしい料理を食べると、身も心もリラックスし、自然と力が湧いてくる。これが食事の魔力である。

さあ、明日からの仕事をまた頑張ろうではないか!
Category:  

イタリアンランチ@ナナ

少し前の話になるが、ftth氏とサタデーランチを開催した。

BTSナナ駅前で待ち合わせた。イタメシを食べたい気分だったので、スクンビット・ソイ8のVia Vaiにご案内。

ランチセットは前菜、サラダ、スープ、メインディッシュ(パスタかピザ)の組み合わせで250バーツ。お得感あり。

日本人客がいないのをいいことに、「今、アツいローフーはコパですよ!」とか「エレクトリックブルーのグリングリンコヨーテダンスは涎が出ますぜ!」とか卑猥なトークを展開するオヤジ2人。もはやお決まりのパターンである。

Via Vaiは場所柄、気取った雰囲気はまったくなく、嬢とのデートにも使える。ナナプラザからも至近なので、イタメシ気分の日は利用してみても良いだろう。

IMG_6017.jpg

IMG_6010.jpg

IMG_6014.jpg

IMG_6003.jpg
02-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

«   »

検索フォーム
Twitter
ゴーゴーバーに限らず日々の生活や思考を発信
 
プロフィール

新羽七助

Author:新羽七助
【しんは・ななすけ】
I am a gogo journalist.
バンコク在住歴約11年の編集記者。唯一無二のゴーゴーバージャーナリストとして長年活動。ナナプラザのレインボーグループを中心に、ゴーゴー突入回数は2000回超。パタヤも訪問。東南アジア諸国連合(ASEAN)10か国制覇。アフリカにも進出。野球はベイスターズファン。仕事のご依頼などは下記にお願いします
shinhananasuke
@gmail.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。